<オタネニンジン(高麗人参)について>
高麗人参は、ウコギ科に属する多年生宿根草、冷涼な地帯に生育する半陰地性の植物です。原産地は北緯39度から47度に位置する北朝鮮、中国東北部からロシア沿海州です。朝鮮半島を中心に栽培や加工が発展したため、朝鮮人参とも呼ばれています。

学名は、オタネジンジン。英語名は、Panax Ginseng..C.A.Mey.。1843年ロシアのCarl Anton Meyerが命名しました。Panaxには「万病に良い」という意味があります。学名にPanaxと命名されているとおり、優れた薬効を持っています。その薬効は現代の最新技術による成分分析や臨床実験で科学的に解明されていますが、二千年以上にわたり不老長寿の霊薬として珍重されてきた事実が何よりその薬効の確かさを裏付けています。

日本には自生していませんので、中国や朝鮮半島からの輸入に頼っていました。輸入で金(Gold)が流出することに危機感を持った徳川幕府八代将軍徳川吉宗は、各藩に人参栽培を命じました。ここからオタネニンジンと呼ばれるようになりました。

日本の三大産地は、福島県会津地方、長野県東信地方、島根県大根島です。それぞれ産地のを冠して、会津人参、信州人参、雲州人参と呼ばれ品質や生産量を競ってきました。しかし、現在はいずれの産地も円高による輸出の落ち込みや後継者不足で生産量は大きく減少し、国内自給率は1%以下にまで低下しています。各産地それぞれ地域資源として保護し再興する活動が行われています。

このサイトは、ふくしまで生産されたオタネニンジンを使用した商品の通販サイトです。産地直送の安心・安全をお届けいたします。ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

ふくしまのオタネニンジン(高麗人参)について



  << カレンダー >> 

2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
    ※緑色は休業日です。